「水槽の脳」

【概要】

1982年哲学者ヒラリー・パトナムによって定式化された思考実験。今見ている現実は水槽に浮かんだ脳が見ているバーチャルリアリティなのではないか、という仮説。

水槽の中の脳、培養槽に浮かぶ脳、桶(おけ)の中の脳、水槽脳仮説などとも呼ばれる。





【思考実験】

ある科学者が人から脳を取り出し、脳が死なないような特殊な成分の培養液で満たした水槽に入れる。

脳の神経細胞を、電極を通して脳波を操作できる高性能なコンピュータにつなぐ。

意識は脳の活動によって生じるから、水槽の脳はコンピュータの操作で通常の人と同じような意識が生じよう。

実は、現実に存在すると思っている世界は、このような水槽の中の脳が見ている幻覚ではなかろうか?





【考察】

今私はパソコンから文字を打ち込んでいるが、本当はただの水槽に浮かべられた脳でしかなく、それを電極で操作され、「文字を打ち込んでいる」と勘違いをしているだけではないのか?それを完全に違うと言い切れないのがこの思考実験である。

これを見ている方は本当は水槽の脳で、このページは電極が見せている幻かもしれない。

戻る

ツイート

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -