「神道」

神道という概念は 古代、仏教の伝来によって それまでの伝統的祭祀ないし信仰形態が 神道として意識されるようになったと考えられる。

神道は民族宗教であり、
各種のお札への信仰、日柄・方位などのタブー、
死霊・怨霊など霊的存在への漠然たる信仰、
山や樹木などへの自然崇拝、
田の神・山の神といった生活に密着した神々への信仰などがあげられる。

また 日本の神は 超自然的な存在や神話の神々のみならず 歴史的に実在した人間もその対象とされた。

ただし生きた人間がそのまま神になるのではなく、死後 霊魂の状態でこの世の人間に絶大な影響を与えると考えられた場合のみ 神とされる。

その多くは祟りに対する畏れに発するものであり 例として
菅原道真
崇徳上皇
平将門
が御霊として祭り上げられた。

戻る

ツイート


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -