「俵藤太(たわらのとうた)」

生没年不明 平安中期
藤原秀郷(ふじわらのひでさと)のこと。

英雄視されていた平将門を倒したことで有名。
そして彼もまた英雄視されるようになった。
さらに『俵藤太物語』などの後世の草子になると 幻想物語となる。

藤太は瀬田橋に横たわる大蛇に臆せずまたいだため 大蛇に化けていた竜神に見込まれて 三上山の大百足を退治する。

そしてお礼として黄金の太刀と鎧を贈られ この武器で朝敵を倒せば将軍になると予言されている。
またこのときに 米の尽きない米俵を贈られたことがこの名の由来である。

他にも 悪鬼・百々目鬼を討った伝説や
竜宮から龍太 龍次の兄弟を招いて井戸を掘らせた話などがある。

関連項目
平将門
西行

戻る
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -