「太公望」

殷末から周の時代にかけて 周の文王、武王に仕え、周王朝の成立に貢献した伝説的軍師で、兵法の元祖とされる英雄。

名は「呂尚(りょしょう)」「姜子牙(きょうしが)」ともよばれる。

一説によると すでに老人になってから 釣りをしているときに文王に見出だされ、文王の祖父の太公が強く望んだ人材だとして 太公望の称号を与えられたという。

軍師としての太公望はさまざまな秘計を用いたといわれるが、具体的にどのようなものだったかは謎である。

しかし後代には鬼神を駆使したと考えられるようになった。

戻る
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -