「ティアワナコの鉄の留め具」

南米ボリビアのチチカカ湖畔に栄えたティアワナコ文化の遺跡から発見された遺物。

巨大な石造遺跡が調査されたとき、石のつなぎ目から出土した。

石に鋳型を刻み、そこに鉄を流し込んで留め金の役割を果たさせたと考えられている。

地質学上の調査で、この遺跡の建造年代は1万2000年〜2万年前と判明している。

戻る









×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -