「鳳凰」

その姿形はに似て、前半身は麒麟、後半身は鹿、首は蛇、尾は魚、背は、顎は燕、嘴は鶏に似て、羽には五色の紋様があるとされ、天下泰平の前兆として現れる端鳥として、中国で重んじられてきた架空の鳥。

中国では、四隅を固めることがたいへん重要であるという考え方から、鳳凰、麒麟、亀(蓬莱亀)、龍という想像上の動物が「四端」といわれ、天帝の使者として神にも通じる縁起のいいものと考えられてきた。

日本には飛鳥時代に伝えられ、宇治の平等院鳳凰堂をはじめ、縁起のいい鳥として崇められてきた。

戻る

ツイート


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -