「タッシリの異星人壁画」

1909年、アフリカ、サハラ砂漠中部のタッシリで発見された壁画。

そこにはUFOらしきものとともに、頭にアンテナのようなものを付けた人物が描かれており、「タッシリの火星人」と呼ばれるようになった。

タッシリは古代核戦争で滅んだ、という伝説もある。

このような異形の人物を描いた壁画は世界各地に残されており、「天空人壁画」と総称される。

戻る









×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -