「分銅紋」

分銅の形は、金銀を表したり、鍵の形であったりして人生で尊ばれるが、信仰的なものでもある。

弥生時代の分銅型土製品が魔よけ的性格をもつとみられており、インドのヒンドゥー教の神・クリシュナの信者が持つ印のかたちであり、仏教では千手観音の持物の一つである。

戻る

ツイート


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -