「指南針」

赤穂築城に用いられた羅盤(羅針盤)のこと。

羅盤は、築城に際して近藤正純(こんどうまさずみ)が縄張りの吉凶を読んで鬼門よけなどの作法を執り行った呪具で、指南針と呼ばれ城内の大石神社にある。

方位に則って十干十二支・八卦・四季・九字などの語句が彫ってある。

戻る

ツイート


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -