「役小角(えんのおづぬ)」

7世紀の人物。

修験道の伝説的開祖。

鬼神を駆使して日常の雑務を行わせたり、金峰 山と葛木山の間に橋をかけさしたりしたという。

また最古の小角伝説を記した『日本霊異記(にほ んりょういき)』には、自由に空を飛び回ったとも 記されている。

戻る
 
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -