「雁(がん)」

釈迦を、手足の指の間に水かきをそなえることから、雁王と称し、鎮宅霊符神信仰では、常世の鳥として古くから特別な霊力をもつと考えられていた。

江戸時代には、蚊除けの呪いとして蚊帳の吊り手に雁を描いた紙片を付けている。

戻る

ツイート


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -