「家の守り」

家を建てるとき、地鎮祭や棟上げの儀式を執行して建物の永遠を願ったり、屋根の棟に水の字の瓦を置いて火難よけをするといったことがよくある。

町家の玄関の小屋根に鐘馗(しょうき)像が置かれる地方もある。

烏文字で有名な「牛王宝印(ごおうほういん)」は盗難よけ、火難よけとなる。

石川五右衛門の命日「12月12日」と書いて戸口や窓に貼る泥棒よけの御札もある。

戻る

ツイート


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -