「モスマン」

「蛾男」の意。大きな目と巨大な翼をもつ怪生物。

体長は約2メートル、全身が褐色、もしくは灰色の毛で覆われており、頭部はないが、上端付近にある大きな目は赤く輝いている。

翼長は約3メートルで、時速160キロの車にも追いつくほどの飛翔能力をもつ。

1966〜67年、アメリカ、ウエスト・ヴァージニア州オハイオ渓谷一帯で目撃が集中している。

一説に予言を行なったともいわれ、UFOやメン・イン・ブラックとも関係があるとされるが、いっさいが謎に包まれている。

モスマンは『プロフェシー』という題で映画化されたが、関係者の怪死が続発したため「モスマンの呪い」と形容されている。

イメージ図へ
戻る









×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -