「シオン修道会」

十字軍の総司令官ゴドフロワ・ド・ブイヨンが、エルサレム奪回後にノートル・ダーム・ド・シオン教会を拠点にして結成した僧院。

その目的は、ヨハネとマグダラのマリアが伝える真の古代密儀、あるいはグノーシスを復興させることにあったという。

またこの僧院は、それから以後現代に至るまでの1000年の間、たえず西洋のあらゆる秘密結社を操る司令塔でありつづけたとされている。

戻る

ツイート


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -