「巨人の化石」

エクアドルのロハという田舎にある洞窟でカルロス・ヴァカ神父により1992年に発見された、推定身長が7.5メートルもあるという巨人の骨の化石。

発見されたのは、全身の7割に当たる骨片。

2003年にウィーン大学がその一部を分析調査し、確かに7.5メートルにもおよぶであろう巨大な人間の骨(後頭部)であるという結論を出している。

戻る









×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -