「ミニ・ブラック・ホール」

素粒子よりもさらに小さいと考えられている超々小型のブラック・ホール。

半径は1.5×10(−22乗)センチであるが、重さはなんと1トンもあるという奇妙な天体。

現在、質量10億トン以上のものが残っているといわれ、しかも10万年に1回の割合で地球に衝突しているといわれる。

そのとき地球を貫通しているが、もし地球内部に入り込んだまま出てこなければ、地球はその巨大な重力によって破壊されてしまうといわれる。

戻る









×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -