「潮汐固定理論」

火星生成の謎を解く新説としてアメリカの科学ジャーナリストのリチャード・ホーグランドとマイケル・バラが提唱した理論。

太陽系が誕生して間もないころ、現在の火星と小惑星帯の公転軌道付近に、地球型のふたつの惑星が存在したとする「惑星形成補足説」をもとにしている。

火星はそのふたつの衛星のうちのひとつの引力に捕らえられ、その衛星となったときに、現在のような地形の偏りが生じたという。

戻る









×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -