「カッパドギアの核シェルター」

1965年、トルコ、アナトリア平原カッパドギア地方の地下で発見された都市遺構。

通気孔、井戸、炊事場、汚水処理場の溝などが完備されている。

この地方には同様の遺構が30ヶ所も見つかっており、合計10万人を超す人員が収容可能だったとみられている。

この遺構を古代に核戦争が勃発した証拠とする研究者もいる。

また、パキスタンのモヘンジョ・ダロには、核爆発と思われる急激に起こった高熱によってガラス化した、レンガや壷の破片、人骨などが多数見つかっている。

戻る









×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -