「ヴェリコフスキー理論」

イマヌエル・ヴェリコフスキーが「もし神話の記述が事実をありのままに描いているとしたら」という着眼点から導きだした壮大な宇宙理論。

それによると、金星はもともと木星から生まれた彗星で、紀元前15世紀ころ地球に大接近し、大災厄(『聖書』が伝える紅海割れなど)をもたらした。

さらに前8〜前7世紀になると火星に接近。

今度は火星が地球にニアミスをし、多大な災厄を引き起こしたという。

戻る









×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -