「文観弘真(もんかんこうしん)」

1278〜1357年。

兵庫県生まれ。

修験僧として山野で修行。

人肉を食らう夜叉神・荼吉尼天の秘宝を修して法 力・呪力を得る。

やがてその験力は後醍醐天皇に聞こえ、護持僧 として仕える。

学僧でもないのに真言宗の頂点に昇りつめた。

髑髏を本尊とする邪教・真言立川流の大成者とも いわれ、名僧とも怪僧ともいわれる。

戻る
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -