「ミシェル・ド・ノストラダムス」

1503〜1566年。

フランスが生んだ史上最大の予言者。

前半生は医者としてペストの防疫に尽くし、後半 生は占星術や予言の研究に没頭した。

博学だった彼は、医学部在学中に予知能力を発 揮し、1555年、有名な『百詩篇集』(『諸世紀』 とも)を刊行した。

1200篇の4行詩(カトラン)からなるこの予言集には、 彼の時代から未来にいたる歴史的事柄が予言され ているという。

戻る
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -