「チャールズ・フォート」

1874〜1932年。

奇現象を語るうえで欠かせない人物。

若いころから神秘的かつ謎の事象に深い関心を 示し、ニューヨークの公立図書館にこもって古い新聞や 雑誌から数多くのデータを収集。

1919年以降出版された『呪われし者の書』『新 しい島』『見よ』『野生の叡知』の4冊は奇現象 研究のバイブルとされる。

奇現象のことを、パイオニアである彼の名にちなん で「フォーティアン現象」ともいう。

戻る
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -