「崇徳上皇(すとくじょうこう)」

第75代天皇。

第74代・鳥羽天皇の子とされているが、本当は 鳥羽の祖父、第72代・白河天皇の実子(つまり鳥羽 の大叔父)であったという。

よって、皇統を継いだものの、法皇となってい た白河が死ぬと鳥羽上皇との確執は深まり、両者 の対立は保元の乱へと発展する。

戦に敗れた崇徳は、天皇としては異例の遠国・讃 岐(徳島県)に流され、大乗経典を自らの血で写経 し、この奉納を拒否されると「天皇を取りつかまえ て民となし、民を引き上げて天皇にしてくれん」 と、朝廷を呪詛しつづけたといわれる。

彼の呪いは江戸期にいたるまで、人々を恐怖さ せた。

関連項目
西行

戻る









×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -