「菅原道真(すがわらのみちざね)」

845〜903年。

平安時代の学者。

醍醐天皇の時代に右大臣にまでなるが、左大臣 藤原時平の讒言で九州太宰府に流され、没する。

怨霊となって内裏に雷を落としたり、時平を病 死させたりした。

祟りをおそれた天皇は、北野天満宮を創祀、北 野天満宮大神として祀った。

御霊信仰の始まりであり、学問の神・天神様の誕 生である。

戻る
BL小説コンテスト結果発表!
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -