「ウラルの金属スプリング」

ロシア、ウラル山脈東部を流れるナラダ川流域の更新世の地層から発見されたスプリング。

大きさは最大3センチ程度、小さいものはなんと0.0003ミリという極小のものもあった。

主成分はタングステン、モリブデン、銅など。

製造年代は約30万年前と判明したが、当時、これだけのナノテクノロジーをもっていた文明の正体は不明。

戻る









×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -