助手席から覗く女
i-mobile
874 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/02/19 02:17

俺の唯一の本気で怖い体験。
3年位前、仕事が遅くなって夜中の1時くらいに家に車を走らせてたんです。
夜中だから結構飛ばして裏道とかを走って帰ってたんだけど、そしたら先の方の十字路に
人が立ってるのが見えて、スピードを落としたの。
 なんか、電柱の横に男か女かよく分からない人が街灯に照らされて立ってるんですよ。
そしたらその人は電柱の裏に入って見えなくなって、俺はスピードを落としながら
その十字路に近づいていったんです。
 すると、その立ってた人はどこ行ったか分からなくなってて俺は特に気にもせずに
十字路で左右を確認してたんです。
 そしたらなんとその電柱の下に、花束とかジュースとがかいっぱい置いてあったんですよ。
よく見たら、なんかガラスの破片とか落ちてるし、電柱の前だけ地面が濡れてるんです。
 俺は急に怖くなって、急いでその十字路から車を走らせたんです。
でもやっぱり後ろが気になってチラチラバックミラーを見てたんですけど、電柱のとこには
何も見えなくて、俺の気のせいかなとか思ってたんです。
 そして何気なく助手席の方を見たら、なんとその人がいたんですよ。
助手席に座ってるんじゃなくて、その窓の外に。
 前屈みになって、怖い顔で俺を見てるんです。もうハッキリと若い女の人だと分かりました。
俺はあまりの恐怖にアクセルを踏むことも出来ずに、しばらくその女の人と目を合わせてました。
 そうしたらドカンと音がして、俺はハンドルに頭をぶつけてました。
前を見てなかったので、ガードレールにぶつかっちゃったんですよ。
 でも俺は痛みも感じ無くて車の助手席側を見ると、その女の人は居なくなってました。
怖かったけど俺は車から降りて辺りを見まわしてもその女の人が居ないようなので、
車の前の方を見たら、バンパーがベッコリへこんでました。
 でも走れる状態だったので、俺は急いで車に乗って家に帰りました。
それまで俺は幽霊とか見たこと無かったけど、あの女の人は間違い無く幽霊だと思います。
 それからはその道は通らないようにしたので、その女の人を見たことはありません。
i-mobile

他の怖い話 怖い話Top
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -