アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
正反対
i-mobile
797 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/15 10:41
ある日、畳を入換えに着た職人さんが縁側でお茶を飲みながら言った。
「お宅様は非常に良い気が巡っていてよろしいですな。」と。
何のことか良くわからないが悪い気もしないので礼だけ述べた。
そのとき作業中の庭師が口を挟んだ。
「あんた分かってて言ってるんだろ?ホントは正反対だって。」
私と畳屋はギョッとした。 畳屋は苦笑いを残しそそくさと帰ってしまった。
庭師はそれから何も言わずただ黙々と仕事をするだけだった。
i-mobile

他の怖い話 怖い話Top
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -