こんなに幸せなことってあるでしょうか


「受け取ってくれるかい…? ふふ。嬉しそうなの、隠しきれてないよ」

女神様が住む泉の側で、きょうあなたに青い羽根をもらいました。

「どうしたのかな? なぜ声に出して笑わないんだい?」

そう言ったあなたは若干困った顔をしていた。
春のやわらかい風が、ふわふわと羽根の先を揺らしながら白い花びらを運ぶ。

違うの、ただ嬉しすぎて、この幸せを受け入れるのに精一杯だっただけ。

私は彼をそっと抱きしめた。彼は抱き締められた瞬間はびっくりしたのか、面白いくらいに固まっていたけど、すぐに優しく腕を回してくれた。

「それで…、返事を聞かせてくれるかな」

私はもっとぎゅっと抱き締めた。胸がいっぱいでちゃんと声に出せるか心配になった。


「いいよ、その羽根を私にください」


こんなにこの人の腕の中にいるのが心地よいなんて
こんなにこの人の温度を感じるだけで心が安らぐなんて

彼は穏やかに微笑んで言いました。

「僕を選んでくれてありがとう…。これから先、ずっと君を幸せにしてみせるから、どうか付いてきてほしい」

あなたがいるのであれば、どこへだって着いていきます。
あなたが私を幸せにするというのなら、私も抱えきれないくらいの幸せをあなたにあげたい。

「さぁ、行こうか。式の段取りを相談しなければ」

あなたはそっと私を離して、代わりに私の手をとった。
歩き出したあなたの黒髪を、春の陽光が照らした。

この日は、この光景は、この感触は、このあたたかさは、きっと人生の最期の日まで覚えていることでしょう。


←(戻る)

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -