夢幻廻廊

BGM:しっとりした音楽


01_シュウト01
「いつからだろう。この世界に期待をしなくなったのは。」


02_シュウト02
「ずっと考えても、何故なのか、何も答えが出ない。」



BGM:激しめな賑やかな音楽

SE:草原を駆け巡る


03_ミウ01
「こんな日がくるなんて思わなかった!」




SE:カチャン、グラスを置く音


04_アム01
「別に、なるようにしかならないよ?」



05_ミク01
「ミウが良いなら、それでいいと思う。」



SE:ばしん!と殴る音

SE:床に人が倒れる音


06_ハルヒ01
「お前がシッカリしなくてどうする?!」


07_シュウト03
「…ッ痛。…僕に言われても!出来ないもんは、出来ないんだよ!!」


SE:ダン!と机を叩く音

08_レン01
「お願い。お願いだから、アムを助けてくれ!!!…お前にしか、頼めないんだ。」




09_ミク02
「早く、行ってあげて、シュウト。ミウが待ってるよ。」



(ミウの台詞前くらいにBGMが止まる。)

10_ミウ02
「ねえ、シュウト。この世界は、まだ捨てたもんじゃないと思わない?」



(少し間を開けて)


11_シュウト04
「世界に期待をしなくなったのは、僕だった。」




BGM:ゆったりとした音楽


12_ミウ03・シュウト05
「君と、奏でるハーモニー、RPG」

13_シュウト06
「夢幻廻廊(むげんかいろう)」


14_シュウト07
「僕らの旅は、ここから始まる。」



フェードアウト

[ prev / next ]
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -