また明日、バス停で

BGM 静かな音楽
SE 風の音

サナ01『綺麗な月ですね』

シン01『え?』

ナレ01『その日は、何年かに一度のブルームーンの日でした。彼らは風の強い、そして月の出ている晩のバス停留所で出会ったのです』

サナ02『また、会いましたね』

シン02『この時間のバスに乗らないと帰れないから…』

ナレ02『二人はあの日を境に奇妙に出会うのでした。そして、それはある日唐突に起こったのです』

SE キキーッとスリップの音
SE 人々のざわめき

サナ03『私、高町佐奈(たかまちさな)って言います。ここで出会うのも何かの縁ですね』

シン03『女性は運命なんて綺麗な言葉を使いますよ、なんて。俺は三郷新(みさとしん)って言います』

ナレ03『次第に惹かれ合う二人。でも、彼が語った運命に裏切られるのでした』

SE 救急車の音
SE 心音

サナ04『ごめんね、シンくん』

シン04『佐奈?!佐奈、さなーー!』

SE 水の音

サナ05『出会いは必然。そして、別れも必然』

シン05『俺達の運命の輪が回りだす』

ナレ04『また明日、バス停で』

サナ06『私は貴方を信じたかった…』


……FO

[ prev / next ]
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -