「あなたのうさぎが三匹います」
「ここはどこですか?」
「あなたのうさぎはそれぞれに、食欲、性欲、睡眠欲を司っています」


わたしの最もな質問は敢えなくスルーされた。
確かわたしは、うっかりキッチンでバナナの皮にすっ転んだような気がする。
気づいたなら裁判所のような場所にいて、わたしは被告席に立たされている。
裁判官の背中に綺麗に収まっている白い羽根とキューティクルの延長のような頭の光輪は、考えたくない。


「あの、どうしてうさぎが……」
「静粛に!」


急に裁判官が叫んだ。
わたしの声よりよっぽど大きなものだったが、口にはしなかった。
びくっと萎縮した三匹のうさぎは、それでも、裁判官の前に律儀にちょこんと並んでいる。


「何故うさぎだと思いますか?」
「いやだから、わたしが聞いて……」
「何故だと思いますか?」


わたしの質問を聞く気はないようで、尚且つ、わたしが投げ掛けた質問はわたしが答えなければならないらしい。


「わかりました」


わたしは何もわからなかったが、裁判官は何かがわかったらしかった。


「このうさぎはあなたのうさぎです。人間の三大欲求は、この場所では裁く材料としてこうして具現化します」
「裁く?具現化?」
「そうです。最も特化した本能に近いものに具現化するのです」


そこまで言われて、にやりと笑った裁判官にぎくりと胸の奥が鳴った。
わたしはうっかりすっ転んだ。
この際、それがバナナの皮だったことはどうでもいい。
後頭部を強打したことは覚えている。
元いた場所はキッチンだが、そのキッチンの持ち主は所謂体だけの関係だった男だ。
ただ、そういった関係を持つ男は彼だけでなく、そのときはたまたま彼だった。
ここはどう見ても裁判所で、裁判官はどう考えてもあれにしか見えない。
目の前にちょこんと並ぶわたしのだという三匹のうさぎ、三大欲求の特化した本能の具現化、被告席に立たされたわたし。


「わかりましたか」


あの、と問い掛けようとして口をつぐんだ。
「食欲ならライオンで、睡眠欲ならナマケモノですか?」何ていう質問は、それこそ莫迦らしい。


「さあ、あなたの逝き先を決めましょう」


うさぎが三匹、わたしを見ていた。
ここがどこかより重要な決め手を握るうさぎが、三匹共に、にやりと笑った気がした。





is様参加作品
_20090731

u3



prev / top / next
© 陽気なN


×