「さてお嬢さん、どうですかね?」
「……どうですかねっていわれても」

はてさて、私は心底困っていた。
こんなに困ったことはなかろうという程に。
彼……といっていいのかどうか。
わからないが、ひとまず彼とする。
彼とのやり取りは随分前からこんな感じで、言葉を濁す私に、ぐいぐいと迫ってきていた。

「据え膳食わぬはなんとやら、ですよ」

素知らぬ顔して、だいぶ的を射たことをぬかしているが、的を射すぎているからか、どうにも反応が返しにくい。

「そうはいわれても……私としても困るというか」

わざとらしく眉尻を下げて見せれば、案の定、わざとらしいと言い放たれた。

「お嬢さん!」

ばんっと床を叩かれ、大きな声で彼はいった。

「鴨がネギ背負ってるんですよ!」

確かにそうではあるが。

そう、彼は鴨。
確かにネギを背負っていて、私の目の前にいる。
いいたいことは痛い程わかる。
わかるが。

「……私、鴨食べられないので」

他をあたって欲しいです。





おしまい。

_2007

鴨がネギ背負って



prev / top / next
© 陽気なN


×