アクセス制限機能充実
夢小説のDLove

山の妖【300文字】

 もし、と呼びかけられて男は振り向いた。
山道の暗がりから、女が顔を伏せるようにして現れた。
「もし、お侍さま。これを持つ男をご存じではありませんか?」
 すすり泣くような、哀れな声を出しながら女が何かを差しだす。
よく見れば、口紅の赤が艶っぽい若い女だった。
差しだされたものを見ようと首を伸ばしてみると、女の白く華奢な手に乗っていたのは人間の眼球だった。
「あ、妖め!」
 刀に手をかけると同時に女が顔を上げ、暗い眼窩を晒した。
「お前の目玉をおくれ!」
 老女のようなしわがれた声が響き、女の爪が伸びて男の首を切り落としてしまった。
 もし、と山道で声をかけられても返事をしてはいけない。
山の妖が目玉を欲しがっている。




          <了>

企画小説酸欠様:『300文字企画』提出作品



作者:藤森 凛


prev next

bkm
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -