Try to bet!(学生パロ)


※大学事務局員・華佗さん客演


「高杉何をしておる。わしとの約束、忘れてはいまいな」
「した覚えはねえな。イベントなら俺ァこいつと行くって決めてるんで」
「はあ!? いてッ、む……そうだ。今度のイベントは俺が先約だから」
「そっちの学生。確か土方十四郎とか」
「え。そうだけどなんで」
「土方、こいつァ事務のネーチャンだ」
「ああ。どっかで見たことあると思った」
「どっかで見たことあるだと。その程度と申すか」
「だって事務局あんまり利用しねえし」
「おぬし、最近よくこの男と歩いておるな」
「俺ァ土方とつき合ってるんで」
「ぅ……アレだ。そーいうことだから」
「土方とやら。おぬし少し前まで別の……」
「なっ!? オイ言いがかりはやめろ、べべべ別の男ってなんだ俺はこいつひと筋だし!? 浮気とか認めねーから!」
「へえ。そりゃあ光栄だな」
「なに言ってんのお前!? なに笑ってんだ可笑しくもなんともねえだろ!? あだっ! で、でもそうだから。ひと筋だから」
「おかしな男じゃ。別のと言っただけだというに」
「べべべ別の男! とか言おうとしただろ、読めてんだよテメーの腹ん中は!? ナメんなよ!」
「別の棟にいたのではないかと聞こうと思ったのだが……」
「は!? トウ? とうってなんだテキトー吹いてんじゃねーぞ!? とにかくっ! 高杉は俺のツレだから。諦めろ」
「そういうこった」
「本当か」
「当たりめーだ」
「これはしたり。いくつか聞いてもよいかえ」
「はっ!? 聞けば? 疚しいこと何にもねーし! めっちゃオープンだし!」
「馴れ初めは」
「ななな馴れ、初め? オイなんだ馴れ初めって」
「つき合ったきっかけみてェのじゃねえか」
「わかってるし! そうじゃねーよ俺とテメェの馴れ初めってなんだよ!? 早く言えよ」
「知らねーな」
「そう、知らね……って答えじゃねーだろそれ! あれだ、朝遅刻しそうになって走ってたら曲がり角でゴッチンコ的なアレだ」
「大学生にもなって遅刻で走るのは感心せんのう」
「ほっとけよォォオ!? 血圧低ィんだよ寝起き激悪なんだよ!」
「なるほど。その場合ヒロインがいるはずじゃが」
「ヒロイン!?」
「どちらがヒロイン役なのじゃ」
「ひろいん!? ひひひひろいん、て」
「当然女役はこいつだ」
「ほう。 意外のようなそうでもないような……」
「オイィィィ! 勝手に決めんな!」
「背が高過ぎるのも考えものじゃな」
「なんでだァァァア!? 何がだ!?」
「接吻をするにも身長差ゆえ困るのではないかえ」
「せせせせっ!?」
「たいして困らねェぜ。跪かせるからな」
「なに言ってんの!? ちょ、なに言ってくれてんの!?」
「さっきも言ってたようにこいつの寝起きは最悪なんでな。目が覚めるまで鞭でぶっ叩く」
「ちょっと待てェェェエ!? 鞭? 鞭で叩くの? 俺を?」
「なかなか好評だぜ」
「話を盛るなァァァア! あれは飲み過ぎて起きられなかっただけだ、それに二人きりじゃなかっ、むがもご」
「なるほど。そういう嗜好ならば問題なさそうじゃの」
「どーーーいう嗜好!? 人をヘンタイみたく言うなァァァア! おい高杉何とか言え」
「セックスのときはベッドに縛り付けるから問題ねェ」
「やめろォォオ! ほんと、やめてェェェエ!」
「そうかそうか。よくわかった。やはり賭けはわしの勝ちじゃ」
「賭け?」
「坂田。そういうことゆえ、諦めよ」



「そっか……いいよ、しょうがねーよ……」



「坂田!?」
「俺……っ、土方が男もイケると思わなかったから……様子見、してて……っ」
「ええええ!?」
「よりによって高杉に取られるたァ思ってなかったよ……っ、幸せにッ!」
「おいっ待て! 誤解だ!」
「華佗もういいよ、ぐすっ、服でもパンツでも持ってけよ……もうカッコつける必要もねえし……っ」
「待て待て早まるなアァァァ! これはフリだから! コイツが孔雀姫とかいう女の誘い断る口実につき合っただけだから! マヨネーズに目が眩んだ俺が悪かった! 坂田ァァァア! 待ってくれ、俺はっ」


「本命に逃げられたか土方。仕方ねえ、責任取るから俺とほんとにつき合うか、クックックッ」



-------------------

土方くんは坂田くんのことを相談してて
高杉と一緒にいただけ!
華佗さんは学生のマドンナ的年上のお姉さん。

小夜様リクエスト
「高土?かと思って読み進めたら銀土でした」

リク内容伏せとけば良かった(笑)難易度UP!
リクエストありがとうございました。
設定改めてよければ
やり直し請求承りますm(_ _)m





目次TOPへ
TOPへ

「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -