カワイイ彼氏


「まァァたグータラしてんのか! みっともねえ!」
「毎日グータラしてるみてえな言い方すんなボケ」
「事実だろうが」
「事実じゃありませんー午前中はおシゴトでしたぁ」
「ああそうですか! 午後は?」
「午後はっておめー、一日一件でも仕事入ったら万々歳よ。みっともなくて悪うございマシタ。公務員サマは零細企業の苦労なんぞご存知ねえってか」
「仕事探せ。ダラけてねーで」
「ダラけてんじゃねえよ、仕事の後の休憩してんの。休息は必要だよ人間。仕事人間はヨユーがなくて困るわ」
「こっちゃ余裕しかねえプーが羨ましいわ!?」
「じゃあ休憩すればいいじゃん。デキル男は自分の時間くれえ作るんだぜ?」
「俺は出来ねえ男なんで! 作れないんで!」

「ちぇっ。可愛くねーの」

「……悪かったな」
「そうそ。悪かったと思うなら……」
「可愛いヤツに是非慰めてもらってクダサイ。俺は可愛くないんで」
「?」
「じゃあ、可愛くない俺は口出しマセンから! 好きにしやがれクソ天パ会っても話しかけんなよ可愛くないんで、じゃあなッ」



「――ばか。可愛くて堪るかってんだ」
「副長!? なんて? おおお俺、なんかしました」
「!? うるせーーッなんでそこにいんだ! 出てけ山崎のくせに!」
「自分で呼んどいてそれですか! 山崎のくせにって、山崎って悪口じゃありませんからっ」
「やかましい! 山崎のくせに」
「聞いてました!? ぎゃあああああ」
「おいタバコ切れてんぞ! 鉄、タバ……」
「やれやれ八つ当たりですかィ。鉄は出かけてますぜ。つーかアンタが用事言いつけたんでしょうが」
「う……山崎ッ」
「逃げましたぜ」
「うぅぅぅ……総悟ッ」
「俺をパシリにしようってのかィいい度胸だ土方コノヤロー、これでもくらえ」

 ドゴーン、パラパラ、

「チクショォォォオ!」
「まあまあトシ、落ち着いて」
「ぐぬぬぬぬ」
「今晩空いてる? たまには俺と飲み行かね」
「……」
「あ、無理しなくていいよ万事屋と約」
「してない。空いてる」
「あれ珍しいな、いつもよろず」
「珍しくねえ」
「どしたの。喧嘩した? よろ」
「してねえから!? 空いてるから! 飲みに行けるからッ」
「……すまいるは止めとくか」


「で、万事屋と喧嘩したの」
「してない。なんでもない」
「トシのなんでもないは当てになんねーからなぁ」
「だいたい可愛いってなんだ。俺にどうしろと」
「可愛いって言われたの、万事屋に」
「……可愛くねえって」
「そんで拗ねてんの」
「拗ねてねえだろ! 呆れてんだ」
「またまたぁ。ムカついてるじゃーん」
「ムカついてんのはそうだ! 可愛くしろって言われたって」
「万事屋も意地悪いよな、うんうん」
「そうだろ! わざと言ってんだあいつ!」
「じゃあ可愛いのに乗り換えろって言ってやれ」
「それは嫌だ」
「はっはっは……嫌なのトシ」
「やだ」
「そっかぁ。でも上手くいかねーんじゃあなぁ」
「……あいつがバカだから」
「ほんとバカだなぁ万事屋! トシこんなに可愛いのにな」
「可愛くねーもん」
「可愛いって。よしよし」
「う……」
「じゃあ今日はもう、万事屋の話しない。なっ! 飲んでパーッと忘れろ!」
「パーッとって近藤さんほっとくと脱ぎ出すしなぁ」
「大丈夫! 気をつけマス」
「まあいっか俺が脱ぐわけじゃねーし、仮に脱いだとしても俺可愛くねーから関係ねえよな!」
「そうそう! トシ関係ねーから大丈夫!」


〜二時間後〜

「こんどーさん! さしみにまよねーずかけていいか」
「いいぞ。好きに食え」
「やったー! こんどーさんはやっぱりおれたちのたいしょーだな!」
「マヨネーズで大将認定ってどうかと思うけど、トシがそう言うんならそうだな!」
「ぎんときはなぁ、まよねーずきらいなんら! あたまおかしーだろ!」
「そうでもねえと思うけど、トシがそう言うんならそうだな!」
「こないだなんかな、かつどんにまよねーずかけたらダメっていうんら! ぎんときのあほー!」
「俺もダメだと思うけど、トシがそう言うんならそうだな!」
「そうだ! しごとしろどいつもこいつも」
「俺はしてるよ! ダメだな万事屋!」
「こんどーさんもしろ」
「えっ、してるつもりだけど……トシがそう言うんならそうだな!」
「めもっとくからな。しごと、しろ、っと」
「トシそれ俺の顔! わざとやってる!?」
「こんどーさんのひげー! じょりじょり」
「わははは! じょりじょりだろ、カッコイイだろ!」
「かっこいー! すとーかーはやめろ」
「してないしてない! 愛をハントしてるだけー!」
「こんどーさんおっさんのにおいー!」
「オッサンだからしょうがない! トシかわいーな」
「かわいくねーもん」
「かわいいかわいい。よしよし」
「もっとなでろ。あ、まよのえだまめくう?」
「げっ!? 食わなーい、トシ食べていいよ。あーん」
「あーん」


「失礼しまーす。次の料理で……土方!?」
「おお万事屋。バイト?」
「バイトだけど、オイィィイ!? あーんって、なにやってんの!」
「トシー万事屋が来たよー」
「やだ! こんどーさんがいい!」
「ちょ、土方ァァァア!? ゴリラに抱きつかないでェェエ! ゴリラァァァ! どういうことだ」
「え、知らなーい。今日はトシ甘やかす日だもーん」
「こんどーさん、もっかいあたまなでて」
「いいぞ。よしよし、トシはかわいーな」
「そーだ! おれかわいーんだぞ、ぎんときあっちいけ」
「ギャアァァァアやめて! 土方にゴリラ菌つく! オッサン化しちゃうぅぅぅ」
「トシの可愛さがわかんねーヤツなんかほっとこうなートシ」
「ほっとこうなーこんどーさん」
「スイマセンッしたァァァア! このとーり、土下座するからやめてくださァァい! 土方、こっちおいで?」

「おれかわいくねーからいかない」
「可愛い! 可愛いからこっち来て」
「くちばっかかわいーなんていらねー! なっこんどーさん」
「なっトシ」
「口だけじゃない! 口だけじゃないから! 可愛いから心配なんだろーが……お願い、ゴリラじゃなくてこっちおいで。ああああ! 膝乗るなアァァ! キィーーーッ」
「トシ重ーい、かわいー!」
「こんどーさんだいすきー!」
「うあああああ! ほんっっっと、スイマセンでした……反省して仕事してますから許してクダサイ」
「やだ。おれかわいくねーもん」
「可愛いってば! 可愛くねーって言ってゴメンサナイ」
「かわいくねーもんはかわいくねーもん!」
「もう……可愛いからゴリラに取られそうなんじゃねーか! いい加減に離れろ……って、あ、」
「もうずっとこんどーさんといる! ぎんときいじわるだからいらないっ」
「謝るから! な? おいで土方。立てねえだろ」
「たてるもーん! まだのむもーん」
「もう飲まなくていいから! 新八ぃ、ここ替わって。俺帰るわ」
「しごとほーきか! だめだな!」
「うん、ダメだな。こんなおめー放って仕事してらんねーよ」
「しごとしてんのか?」
「今仕事中。だけどちょっと抜ける」
「はんせーしたのか?」
「そうだよ。休憩したしな」
「ひる、ほんとにきゅーけーだったのか」
「まあ……朝と夜だけ仕事入ってたんだよ」
「そっかーしごとあったのかー」
「たまたまな」
「たまたまだって! ぎんときやらしー!」
「おいやめろ。こんなとこでやめろ」
「たまたま! たまたま、きゃはははは」
「新八ィ土方うちに泊めるけどいい? ちょっとうち連れてって寝かしてくるわ」
「ほかのおとことしゃべんな!」
「はいはい。しゃべんない。帰るよ土方」
「……あしたおれ、しごと」
「急に素に戻んなよ! 休みだってよ」
「あれ? こんどーさんは?」
「帰ったよ。ちゃんと仲直りしろって。明日休みにしていいってよ」
「ぎんときぃ」
「なーに」
「おれかわいくねーのに、いいのか」
「可愛いよ。可愛いから可愛くねーって言っちまったんだよ、ごめんな」
「ぎんときぃ」
「なーに」
「かわいーやつになぐさめてもらったか?」


「貰うかよ。俺の可愛いのは、土方だけ」



-------------------

翌日万事屋で目が覚めてヒィー!

あきママ様リクエスト
「喧嘩をして可愛くないと言われたと
近藤さんに拗ねて甘える土方さん。
それを見て、キィーっと悔しがる銀さん」

リクエストありがとうございました!





目次TOPへ
TOPへ

タップで読むBLノベル
- ナノ -