お遊戯の時間


「今日は何がお望みかな土方くん」
「今日はって言うな。いつもこんなことやってるみたいだろ」
「俺はいつでも好きだよ、コスプレもごっこ遊びも」
「いつもンなことしてたら変態だろうが! だいたいテメェがそういうの好きだから仕方なく俺はだな……」
「そうだね。つきあってくれてんだよね」
「そうだ。当たり前だろ」
「うんうん。で、今日はどんなシチュエーションがいい? 前のお医者さんとナース良かったけど、コス返しちまったしなぁ」
「俺はそういうの別にどうでもいいんだからな!」
「今までやってきて思うんだけどさ、お前が女の役じゃねえほうが俺好きだな。火消し同士もなかなか良かっ」
「ほんとテメェはどうしようもねえな!? どうしようもねえけどしょうがねえしもういろいろやり尽くしたから、俺の小姓になれ」
「えっマジ!? ラッパー小僧に恨まれない俺」
「アホか! 今だけだ今だけ! 屯所に来やがったら斬るからな」
「ええーほんとはあのチビでデブに酷いことされて泣きながら感じちゃうのが夢とか……」
「なっ!? んなわけねえだろうが! ふざけんな、やりたくねえなら俺は別に」
「ごめんごめん。やるやる、やりたい」
「……平隊士の隊服持ち出すわけにいかねえから、しょうがねえから俺の予備でいい。これ着ろ」
「マジでか。副長って呼んでいい?」
「あああ当たり前だッこ、小姓なんだからそれ以外の呼び方すんな!」


「副長。着替え完了しました」
「お、似合……ふん。まあ見られるレベルだな。とりあえずマヨネーズ用意しろ」
「もうご用意しております。どうぞ」
「! き、気が利くな、」
「ストローはお使いになりますか」
「あ、ストローだとなかなか吸い込めねえからやめた。いらねえ」
「そうでしたか。それは大変失礼いたしました。マヨネーズに合わせる物はいかがですか」
「そっ、そうだな! なんかあるか」
「最近お食事が不規則なようですから、野菜などどうでしょう」
「野菜より白飯がいい」
「申し訳ないのですが、今日の当家の夕食は炊き込みご飯で。白米はございません」
「なんでだよ。白飯が基本だろ」
「当家におかずがなかったので味付けご飯で腹を膨らます作戦だったんでございます」
「ちっ、しょうがねえな。炊き込み飯にも合うことは合うが、やっぱりマヨネーズには白米だからな。付け合わせはいらねえ」
「最近のお食事はどんな物でしたか」
「張り込み中だったしコンビニ弁当とか、目ェ離さずに食えるパンとか」
「まさかあんぱん野郎に毒されてあんぱん食いまくっておられないでしょうね」
「山崎と一緒にすんな! ラーメンも食ったぞ」
「副長、炭水化物に偏っておられるようですね。ちょっくら買い出しに行きますから、野菜も召し上がってください」
「なっ!? 買い出し、って、出掛けんのか」
「すぐ戻ります」
「ダメだ! 出掛けんな」
「留守番は、お嫌いですか」
「当たりま……いや、嫌いとかじゃねえ。今腹減ってねえし、マヨネーズも後にするから買い出しはいい」
「チッせっかく財布ゲッ……そうですか。ではお風呂をご用意しましょうか」
「そうだな! 風呂沸かしてこい」
「かしこまりました」
「……え」
「副長、出掛けるわけじゃありませんからここでお待ちください。濡れますよ」
「やっぱり風呂もいい! ていうかお前も一緒に入れ」
「せっかく隊服着たんで、お風呂は遠慮いたします」
「後でまた着ればいいだろ。背中流せ」
「一緒に入るにしても、お湯張りませんと」
「じゃあ、風呂掃除手伝ってやる」
「副長にそんなことをしていただくわけにはいきません。ここでお待ちください」
「う……どれくらいで終わる」
「そうですね。三十分くらいでしょうか」
「どんだけデケェんだよテメェんちの風呂!? 十分もありゃ足りるだろ」
「では十分で終わらせます」
「……五分だ」
「かしこまりました。五分で戻ります」
「やっぱり一緒に行く」
「仕方ありませんね。風呂場に入らないで、見ててください。服もそうですが、副長が濡れないように気をつけて」
「おう」


「まだ洗ってんのかよっ」
「お待たせいたしました。水入れますから、離れてください」
「靴下脱いだしズボン捲ってるから濡れねえよ」
「足が濡れます。水が跳ねると隊服が濡れます」
「テメェだって上着脱いでるじゃねえか」
「脱ぎたくありませんが、汚すよりマシですから」
「もういいだろ。あっち行って、肩揉め」
「かしこまりました」


「そんな凝ってないようですが」
「なんか全体的にだるい」
「肩より、腰とか……ここどうですか」
「う……いやそこはそんなでも、」
「足の付け根とか効くと思いますけど」
「ひゃ!? くすぐってえからやめろ、おい」
「やっぱり濡れましたね、服。皺になるので掛けておきますから、脱いでください」
「脱がせれば……いいだろ」
「仕方ありませんね。腕上げてください」
「ん……ぁ、テメ、風呂入ってな、ひゃん!?」
「ベストもついでに脱いでいただかないと。一緒に掛けますから」
「それはいいけど、うぁん」
「どうかなさいましたか」
「べ、別に! あっ……急に脱がすな! ベルト取れてね……ぁん」
「ここ、凝ってます?」
「こここ凝ってねえッ」
「そうですか、それは失礼いたしました。では別のところを」
「あ、待て、」
「はい?」
「こ、凝る、かも……」
「凝ったら教えてください。ワイシャツは洗濯しましょう、ついでに」
「え? あ……そうだな! 洗濯しといてくれ」
「副長……痩せました?」
「そうでもねえと思う」
「痩せましたよ。前は腰、こんなに細くありませんでしたね」
「そうか……? つかどさくさに紛れて引っ付いてんじゃねえ! 腰揉むんだろ!」
「うーん、その前にやっぱり買い出し行ってなんか食べたほうが」
「後にしろ! 後で食えば文句ねえだろ」
「ちゃんと食べますか」
「食べる」
「この際炭水化物でもいいから、ある物食べます?」
「あ・と・に・し・ろ! っつっただろうが!」
「失礼しました。後できっとですよ」
「お前が用意したらな」
「もちろんご用意しますとも」
「揉むの続きしろ」
「腰と言いましても、この辺とか」
「あ……っそこ、腰じゃな、」
「この辺とか。押すと気持ちいいって知り合いの接骨医が」
「それ、しり……って!? なんで他人の尻揉んでんだァァア!?」
「接骨医が、って言っただけです。接骨医の尻は揉みません」
「あ、そうか。つうか揉まれてんじゃねえェェエ!」
「揉まれてもいないですね。動画見てレクチャー受けただけです」
「そうか、ならいい……ってなるかァァア! ロクでもねえ動画見たんだろうが!」
「ああ、女の尻だったんで副長とはちょっと違うかもしれませんね」
「女の尻……」
「男の尻は間に合ってるんで」
「女のほうが、いいか」
「DVDは女のほうがいいですね」
「エロDVD見てんじゃねえよ人がせっせと働いてる間に! さっさと埋め合わせしろ」
「もちろん。この辺ですね」
「ひゃ! いきなりっ触るなぁ……あ、」
「凝ってきましたね」
「はっ、うぅ……っ、んん」
「……溜まってんだろ? 一回イッとけよ」
「んッ、はあッ、あっ」
「こう? ですか、副長」
「あああ! あ、それッ、ダメだ……も、」
「イきそうですか副長、恥ずかしいですね早過ぎませんか」
「だっ……テメ、が……ああッ!」
「小姓に股間まさぐられてイッちゃう副長って、隊士に知られたら」
「あ、あ、も、ダメだッ……でる」
「パンツも脱いでないのに。お漏らしですか副長」
「あっ、脱が、ぬが、せ、でちゃ、あ、ぁ」
「『脱がせてください』は?」
「ぬが、せ、くら、は……んんッ、はやく」
「ねえ見てごらん? 隊服着た男にちんこ擦られてイッちゃうんだよ。こんなに腰振って。ほら、脚もこんなに」
「あ! 拡げ、んな」
「拡げられちゃったね副長。恥ずかしいカッコだね」
「あ、あ、イク、イクッイっちゃ、あ! なん、で」
「副長、脚広げててあげますから、自分でシてみてくださいよ」
「や……ぎんとき、もっと」
「もっと、なんです」
「もっと、しろ……ッ、イキたい! イかせて」
「『イくまでおチンポ弄ってください』は?」
「いっ、イくまれ! いじってくらはいっ、おち……さわってぇ………ッ、イきたい、も、イきたい! な、ぎんときぃ」
「ちんぽだけでいいの? 副長」
「あ……他もッ、他もいじって!」
「他ってどこ」
「……ッ、ち、く……」
「すみません副長、聞こえませんでした」
「ぅ……ちく、……触っ」
「なんですって?」
「ち! く、……び、」
「乳首触られてキモチイんですか副長、いやらしい身体ですね」
「あ、ぁ、ア……! いたッ」
「痛いの好きでしょ。ここ、固くなったもの」
「あああ! 出るッ、イきそ……!」
「あっそうだ。風呂の水溜めてるんでした。失念しておりました副長、申し訳ありません」
「そんなん! あと、に、ああッ」
「副長のちんこ叩かれても萎えませんね、スキモノですねえ。じゃあちょっと見てくるんで」
「あっ! 待、ぎん……!」
「ひとりですんなよ。ちゃーんと待ってられますね? 副長」
「待てる! 待ってるぅ」
「ちゃんと脚広げて。そうそう、いい子で待っててくださいね」
「ぅう……くすん、」
「副長、では行ってきます」
「はやくッ、もどっ……きて、ひぐっ」



(うっはーいい眺め! ビデオ回しながら買い物行ってこよっかなーちゃんと食ってねえみてえだし、でも待てるかな十四郎、泣いちゃうかな? 泣き顔も美味しいから置いていこう、うんそうしよう)



-------------------

る〜様リクエスト
「一見『女王様としもべ』だけど
実はすべて銀さんの思惑通りに
動かされてる土方さん(本人は気付いてない)と、
言いなりになってる様で
ドS心を満足させてる銀さん」

当分は放置プレイですな。
リクエストありがとうございました!




目次TOPへ
TOPへ

タップで読むBLノベル
- ナノ -