仕事がひと段落つき、目を通し終わった資料をテーブルの上に置いた。

ふと時計を見ると針は24時過ぎを指していた。


真っ暗な窓の外を眺め、一つ呼吸を落とす。


そうだ、そういえば……



「竜崎」



こちらもまた資料に目を通していた白いTシャツを着た猫背さんに声を掛けると、資料から目を離して私に目線を向けた。



「なんですか?」

「ちょっと屋上行かない?」

「屋上…?また、なぜ」

「いいじゃん、息抜きにさ。もうこんな時間だし、竜崎も仕事ひと段落ついてるでしょ?今日はもう終わり!ね?」


竜崎の隣に座ってお願い、と手を合わせると、竜崎は仕方ないといったようにはぁ、とため息混じりの相槌を打って資料から手を離した。


あまりに嬉しくて、立ち上がって少し強引に竜崎の腕を引っ張りながらエレベーターへと向かう。

思えば、竜崎と外に出たことなんてあっただろうか。


エレベーターから降り、外の空気に触れる。
竜崎と一緒に感じれるこの空気がとても心地よい。



「夜だから涼しいねー。風が気持ちいい」

「そうですね」



そんな短い返答ですら私にとっては幸せで。

二人で夜仕事をすることはあっても、いつも言葉は交わさない。
他の捜査員がいる時にみんなで話したり、私がお茶を出す時や、先に上がる時に声をかけるくらいだった。

それが今二人で外に出て、ましてやお茶出しや挨拶以外の会話をしている。

その事実だけで口元が緩むほど嬉しい。



「今日は月が見えないですね」

「あ、そうなの!今日は新月って言ってね、月と太陽が重なってるの」

「そうなんですか、どうりで」

「月が見たかった?」

「まぁ、月もいいですが…そのお陰で星がとても綺麗に見えます」



そう言って空を見上げる竜崎の横顔を見て、自然と笑顔が溢れる。



「竜崎は夜空が似合うねー」

「そうですか?」

「うん、凄く綺麗だと思う」

「…………」

「あとね、新月の時にお願いごとをすると、願いが叶いやすくなるんだよ」



何をお願いごとしようかなーとか、もうとっくに願いなんて決まってるくせに、とぼけたことを言ってみる。

なんだか恥ずかしくて、目線は上を見たまま。

だけどその時、肩の辺りに温かい空気を感じた。



「竜崎?」



そっと横を見ると、明らかに近くなった私と竜崎の距離。

私を見たまま動かない竜崎に、違和感を覚えて再度問いかけた。



「竜崎…?」

「あの…」

「うん?」

「…………」

「ん?」

「…あなたも、とても綺麗です」



ぎこちない。竜崎の優しい声が伝わる。

その言葉に一気に顔が熱くなって。
あぁ、きっと今の私は真っ赤だ。どうしよう。

目線を外して下を向いた竜崎の表情は読み取れなくて。
ただただ私はありがとう、と震える声で言うことしか出来なかった。




新月のお願いは
出来ることなら二人で



一緒に幸せになりたいなー、なんて。



「えっ……」

「え?」

「それは、本当ですか?」

「え?何が?」

「二人で一緒に幸せになりたいと、そう聞こえました」

「……嘘!?声出てた!?」

「……………私」

「は、はい…」

「願いごとをしたのは初めてです」

「う、うん……」

「そして、願いごとが叶ったのも初めてです…」

「え、てことは」

「はい、両想いというやつです」



竜崎の頬が少し赤みを帯びて見えるのは、暗い夜空の下で色がハッキリしないから。もしくは、私の都合のいい気のせいだろうか?
でもそんなのはどうだっていい。


私の願いも叶いそうだね。

そう言って、どちらからともなく、お互いぎこちないその手を繋いで寄り添った。





おわり。




×
SSが簡単に作れる
BL専門チャットノベル
- ナノ -