アクセス制限機能充実
夢小説のDLove



毒でもいい

(ぜんぶ受けとめてみせる)

感情以外なんでもあげる
あなたの鼓動を感じたかった
明日も笑えますように
彼の漕ぐ舟に乗る
毒でもいい

とてつもない夜が、すぐそこまで迫っていた。

ゆれる前髪がかわいいね
この痛みあの痛み
彼女が大人になったら
いくらで買える?

ぼくが聴きたいのは
見えないきみを見たふりをした
ぜんぶ食べて
泣かない彼女はとってもえらいこ

いちばんききたかった言葉だ、けれどあなたにだけは言われたくなかった言葉だ

きょうはぼくが神さま
本当のことを言うよ
緑の壁
僕の彼女には牙がある

みるみるうちに体温が流れ落ちて、彼は真っ白になりました。