アクセス制限機能充実
夢小説のDLove



淋しい夜があるの

(楽しい声だけ聞かせてよ)


痛みしか知らない
やさしくない

ぼくは捕まっています
(逃げるつもりもありません)

叶わぬ恋を探していた
淋しい夜があるの

海ならよかった
その目で
ぼくをあきらめないでいて
太陽よりも
彼の優しさは目に見えない

彼女が望む幸せを、ぼくは握りしめているのに

悲しみたくない
飴色バカンス
彼のつぶやきに
あおとみどりのお月さま

ひかりのはしご
僕の傷跡はきみのものになる

干したばかりの布団にくるまって、午後六時、インターフォンの音を待つ

ばからしいなんて思ってる
それでもぼくは生きたい

朝になったら教えてあげる
やさしい匂いがするから好きよ
いるものが多すぎる
そのロケットに僕は乗りたくない
わたしは遠くにいる