Thanks
20,000hit!!
Gallery
ギャラリー
BACK NEXT
Request
リクエスト受付中です

▼ハートタイトルなし▼
小説本文など

坊っちゃん

夏目漱石
*ルビあり*
 親譲おやゆずりの無鉄砲むてっぽうで小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほどこしかした事がある。なぜそんな無闇むやみをしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談じょうだんに、いくら威張いばっても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。とはやしたからである。小使こづかいに負ぶさって帰って来た時、おやじが大きなをして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かすやつがあるかとったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。
 親類のものから西洋製のナイフをもらって奇麗きれいを日にかざして、友達ともだちに見せていたら、一人が光る事は光るが切れそうもないと云った。切れぬ事があるか、何でも切ってみせると受け合った。そんなら君の指を切ってみろと注文したから、何だ指ぐらいこの通りだと右の手の親指のこうをはすに切りんだ。さいわいナイフが小さいのと、親指の骨がかたかったので、今だに親指は手に付いている。しかし創痕きずあとは死ぬまで消えぬ。....
*ルビなし*
 母が死んでからは、おやじと兄と三人で暮くらしていた。おやじは何にもせぬ男で、人の顔さえ見れば貴様は駄目だめだ駄目だと口癖のように云っていた。何が駄目なんだか今に分らない。妙みょうなおやじがあったもんだ。兄は実業家になるとか云ってしきりに英語を勉強していた。元来女のような性分で、ずるいから、仲がよくなかった。十日に一遍いっぺんぐらいの割で喧嘩けんかをしていた。ある時将棋しょうぎをさしたら卑怯ひきょうな待駒まちごまをして、人が困ると嬉うれしそうに冷やかした。あんまり腹が立ったから、手に在った飛車を眉間みけんへ擲たたきつけてやった。眉間が割れて少々血が出た。兄がおやじに言付いつけた。おやじがおれを勘当かんどうすると言い出した。  その時はもう仕方がないと観念して先方の云う通り勘当されるつもりでいたら、十年来召し使っている清きよという下女が、泣きながらおやじに詫あやまって、ようやくおやじの怒いかりが解けた。それにもかかわらずあまりおやじを怖こわいとは思わなかった。かえってこの清と云う下女に気の毒であった。この下女はもと由緒ゆいしょのあるものだったそうだが、瓦解がかいのときに零落れいらくして、つい奉公ほうこうまでするようになったのだと聞いている。だから婆ばあさんである。この婆さんがどういう因縁いんえんか、おれを非常に可愛がってくれた。不思議なものである。....

引用元 青空文庫「坊っちゃん」夏目漱石 著
BACK HOME NEXT

▼装飾デザイン▼

「改行を br に変換しない」に設定して下さい。

画像は使用していません。
背景ストライプはCSS、ハートはアイコンWEBフォントです。
ブラウザによるデザイン崩れは想定していません。

PC向けにmax-widthを指定し、
max-width以下では%で横幅を調整するようにしています。
メディアクエリや独自タグは使用していません。

TOPのハートとハート上の文字は絶対位置を指定しています。
タイトルの長さによってはデザインが崩れてしまいますのでご注意下さい。

ヒット御礼ページとして作成していますが、
企画や普通のTOPページとしてもどうぞ自由にご利用下さい。
使いやすいようにカスタマイズして下さい。

ご利用にあたって、リンクや使用報告・配布元表記は不要です。
サポートはしていません。


リンクサンプル

BACK HOME NEXT


リンクサンプル(アイコン)

BACK HOME NEXT


リンクサンプル(下線)

BACK HOME NEXT


リンクサンプル(下線アイコン)

BACK HOME NEXT


ハート横のライン



文字横のライン

文字


ハートアイコンだけ

        


ハートアイコンだけ(白抜き)

        


フォーム

radio1 radio2 checkbox1 checkbox2
アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -