第一夜

夏目漱石「夢十夜」青空文庫より引用。



 こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐すわっていると、仰向あおむきに寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭りんかくの柔やわらかな瓜実うりざね顔がおをその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇くちびるの色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然はっきり云った。自分も確たしかにこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗のぞき込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開あけた。大きな潤うるおいのある眼で、長い睫まつげに包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸ひとみの奥に、自分の姿が鮮あざやかに浮かんでいる。
 自分は透すき徹とおるほど深く見えるこの黒眼の色沢つやを眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の傍そばへ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。すると女は黒い眼を眠そうに※(「目+爭」、第3水準1-88-85)みはったまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。
 じゃ、私わたしの顔が見えるかいと一心いっしんに聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。
 しばらくして、女がまたこう云った。
「死んだら、埋うめて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片かけを墓標はかじるしに置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢あいに来ますから」
 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」
 自分は黙って首肯うなずいた。女は静かな調子を一段張り上げて、
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍そばに坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」

/*改行あり*/

自分はただ待っていると答えた。
すると、黒い眸ひとみのなかに鮮あざやかに見えた自分の姿が、
ぼうっと崩くずれて来た。
静かな水が動いて写る影を乱したように、
流れ出したと思ったら、
女の眼がぱちりと閉じた。
長い睫まつげの間から涙が頬へ垂れた。

――もう死んでいた。


/*説明*/

flat-designシリーズのフローティングメニュー付きデザインです。
PCで見ると固定されて下へスクロールしてもついてきます。
ブラウザサイズが1024px以下の場合は、ページ下のナビゲーションになります。

リンクや報告不要です。使いやすいようにカスタマイズして下さい。
ブラウザによるデザイン崩れは想定していません。
サポートしていません。

PC/タブレット/スマホ向け、ガラケー未確認です。
フローティングメニュー自体はPC/タブレット向けです。

リンクに使用したアイコンはフォントです。
オープンソースのWEB ICON「WE LOVE ICON FONTS」を使用しています。アイコンの変更など使用方法はサイトでお調べ下さい。英語サイトですがとても分かりやすいです。※ホスティングサーバーにアクセスが集中した場合アイコンが表示されないことが”極稀に”あります。

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -