short | ナノ

子どもな彼


「なぁ名前ちゃん」

ちょいちょいと肩を叩かれ振り向くと
いつものようにおじさんが微笑んでいた

あぁ、いつものあれね

『しょうがないなぁ』

両手を広げて見つめれば
今度は満面の笑みを浮かべたおじさんが
ふわりと飛び込んできた




子どもな彼
(あー…癒される)
(おじさん抱きしめすぎ)
(くんくん)
(匂うな!//)
(あでっ)







こてつさん初夢が
このクオリティです…←
2014/5/7こま

prev / top / next

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -