! world !
学園| 制服| 寮| 補足
世界・学園の詳細補足


――魔力を持つ存在が物珍しがられたのは、遠い昔のこと。


いまや世界的に広く認知され、一般教養と併せて魔術の扱い方を教える学園も各国に存在する、魔術が科学同等に発達した些か近未来感の漂う現代風世界。
そんな世界の中でとある国に設立された、それなりの歴史を誇るアマ・デトワール魔術学園が舞台。

生徒も教員も、学園に在籍する者は使い魔を召喚・使役することが義務付けられており、召喚された使い魔は契約により主人に尽くす。
使い魔は原則として1人1体だが、複数の使い魔を使役する者もいる。
ただし、使役する使い魔には主人からの魔力提供が必須。そのため、複数体使役する場合は通常よりも多大な魔力を必要とする。


★使い魔との関わり方について

学園内で召喚された使い魔は契約のもと、使い魔の性質にもよるものの、基本的には主人と寝食を共にする。
肉体変化や人型に変化する力を持たない大型の召喚獣、および活動場所が制限される召喚獣等はこの限りではなく、実技訓練や遠征以外の座学や日常生活においては召喚獣舎で生活を送る。

入学後、早い段階から使い魔の召喚を果たして絆を育もうとする者や、高学年となるまで使い魔を必要とせず、単位取得のために止む無く召喚する者など、使い魔という存在に対してのスタンスは様々。
召喚した使い魔との縁は在籍中にずっと続くものではなく、使い魔の寿命や相性不一致などにより契約を解消し、在学中に新たな使い魔と契約を交わすこともある。

人型の使い魔を使役する者は使い魔と恋仲になり、公私共に生涯のパートナーとする者も少なくない。(※1)


※1・・・初代校長がこのパターンで、使い魔とした霊獣と添い遂げただけでなく、その魂は昇華されて霊獣と共に天に昇った……と語り継がれている学園の都市伝説があったりします。




★Academy

国内の主流都市に設立された全寮制の魔術学園。(※2)
広大な敷地内に建てられた城とも見まごう石造りの校舎は、上から見るとコの字型になっている。

国内外から教員・生徒が集う学園は14歳から入学可能の5年制。在学生徒は10代の若者が過半数を占めてはいるが、成年の割合もゼロではない。
学年ごとに複数のクラス分けがされており、能力・実力共に特に秀でたひと握りの生徒は学年混合の特進クラス(通称Sクラス)に所属し、通常よりも一段階上の教育を受け、学園内でも他生徒より優遇される場面もある。
教員や学園内の施設関係者には学園卒業生が多い。

授業内容は一般教養に加えて、魔術を扱う者として必要な専門基礎、実技などを段階的に学び、すべての知識・技術を確実に修得できるカリキュラムとなっている。
学年が上がるごとに、攻撃魔術、補助・治癒魔術、薬学、飛行術、魔法生物学、召喚術(使い魔との接し方についてが主)等々、魔術について学ぶ授業が多くなっていく。

広大な学園敷地内には学びのための校舎だけでなく実技訓練のための施設や大図書館、屋内プール、大きな湖付きの中庭、カフェテラス、召喚獣舎、生活拠点となる寮などがある。(※3)


※2・・・所在地は日本を想定していますが、お相手様のキャラに合わせて自由に変更いただけます。
※3・・・他、必要そうな施設をご自由に設定いただき問題ありません。気になる方は事前にご相談ください。




★Uniform

男女共に、二つボタンのブレザー。襟元には学年を示すピンズを装着する。(※4)
男子はグレーのワンタックスラックス。女子はグレー地にチェックのスカート、あるいはワンピースタイプのどちらかを選択可能。
ネクタイやリボン、シャツの色柄やスカート丈、履物や小物に至るまで、制服の着こなしは各々の良識の範囲内で自由なアレンジが許されている。
また、式典時には制服と共に支給される、星を象った紋章が刻まれたローブを制服の上に纏うのが習わし。

なお、Sクラスの生徒は学年を示すピンズの他、スターマーク(*)を象った金のピンズも併せて装着となる。


※4・・・学年ごとのピンズの色、柄、形、モチーフ等はご随意に設定いただけます。




★Dormitory

男子生徒属する太陽寮、女子生徒属する月寮、教職員の星寮の三寮に分かれ、共同部から各寮へと繋がる仕組み。
校則では各寮の行き来は禁止されていないため、仲の良い異性の生徒や教員との交流光景がしばしば見られる。

共同部には食事を摂るための大食堂や生徒・使い魔同士の交流を目的にした大談話室、流行りの雑誌や漫画にボードゲームやカードゲームが用意された遊戯室、男女別大浴場や共用トイレ、リネン室やランドリールームなど、高級ホテル並みの設備が揃う。

また、寮には寮母やその使い魔も暮らしており、寮内の清掃や整理、食事の用意等を取り仕切る。

1〜2年時は2人部屋ないし3人部屋、かつ必ず別学年の生徒と同室となり、3年からようやく1人部屋が与えられる。
本人の希望や学園内での素行等の要因により、3年以上の学年でも他生徒と同室になる可能性や、2年時から1人部屋が与えられる可能性もゼロではない。

部屋の内装はそれぞれ下記の通り異なる。


◆多人数部屋
 ワンルーム内にはシングルベッド×2(3人部屋では簡易ベッドがプラス)と勉強机、収納のためのクローゼットが設置。
 バス・トイレや洗面台、キッチン等の設備は部屋内にないため、共用部の設備や、食堂を利用する必要がある。

◆1人部屋
 多人数部屋よりも広さの取られた1K。
室内には小さなキッチンを始めとして3点ユニットバス、勉強机、ソファー、クローゼット、使い魔と共に寝ることを想定したセミダブルベッド。
 自立を促すことを目的にしているように一通りの設備が備わり、多人数部屋と比べて自由度や快適さがぐんと上がる。
 教員やSクラスの生徒となると、更に広々とした1DKの間取りを持つ部屋となり、キッチンスペースと寝室が分かれる他、バス・トイレも別々。家具家電も完備。

 1人部屋からは『退去時には現状回帰』をモットーに、家具や内装は各々自由自在に変えることが許されている。




★addition

魔術学園に籍を置く魔術師と使い魔の物語、がメインになりますが組み合わせは魔術師×使い魔/使い魔×魔術師の限りではありません。
以下に列挙した組み合わせも歓迎しますので、キャラ設定の一助にしていただければと思います。


◇当PCが魔術師側
同級生、友人、先輩後輩、教師生徒、幼馴染み、いとこはとこ、婚約者、ライバル関係、使用人、護衛

◇当PCが使い魔側
主人の恋人/友人/ライバルやその使い魔、師弟、婚約者、幼馴染み、親類、使用人、護衛

上記や各キャラクター紹介をご参照の上、各人各様なキャラ設定/関係性をご創案くださると幸いです。
舞台や当PCの基盤を崩さなければある程度の捏造や、詳細設定も諸手を挙げて歓迎です。

personも併せてご確認いただきましたら、ご参加の申請はこちらよりお願いいたします。





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -