*澪彦

・sample 1

あ、こら、ダメっすよ制服のまんま寝転んだら。皺になるじゃないっすか。ちゃんと着替えないと。
(学園校舎から主人と共に暮らす寮の自室まで帰ってきた放課後、帰宅するなり着の身着のままで寝台に寝転んだ主人の行動を咎めることも最早日常の一つとなりつつある。寝台の傍にはクローゼットが設置されており、観音開きになっているクリーム色の戸を開いた内部には何着も衣服が吊り下がったハンガーが収まっていて、そのうちの一着を手に取りクローゼットから抜き取ると、彼女の視界に映るように掲げてみせて)
ほら、これ部屋着っすよね。ゴロゴロしたいんなら、こっち着てからにしてくださいっす。



[back]



・sample 2
coming soon...



[back]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -