才人に見せかけた偏屈

「君は俺を召喚した、それは紛れもない事実なんだ。なればこそ、僕の主として恥じない振る舞いを心掛けてもらわなければ困るね」


▼name

アデルバート(Adelbert)
♂/20歳前後/175cm



▼looks

痛みがなく、艶やかで指通りの良い水色の髪。額上部に螺旋状の筋が入った一本の角を生やし、センター分けの前髪は目の下までと長め。サイドも同様に長めで耳を覆う長さの髪を、通常は耳の後ろにかける。項よりも長く伸びた襟足は、毛先のみ軽く外に跳ねる癖がついているのが特徴。
一重瞼の涼やかな双眸は深い海を思わせる群青色で、色相もあって佇まいは涼やか。

スタンドカラーのシャツにスラックス、青い宝石が飾られたループタイといった学者風のいでたちは白や青系統といった色彩が主流。
優美な印象を抱かせる反面、同年代の人間の同性全般と比較すると肉付きが薄く細身の体付きであるがゆえに、見るものからすれば頼りなさげな印象も与えがち。
衣服の上からは分かりにくくも細身の身体には綺麗に引き締まった筋肉がついており、見かけに反して力も強い。



▼personality

一般的に極めて獰猛かつ勇敢、力強いなどと称される種族の生態に似つかず、穏やかで理知的、スマートに立ち振る舞う。
が、本質的な性格はプライドが高く傲慢。やや幼稚。自らを優れた種族との自負もあり、他者を見下す態度が節々に感じられる。
一方で、知識欲が深く、自分と同様に勤勉な者には寛大さをうかがわせ、頑なな態度が軟化することも。

種族柄もあり、気高き純潔の乙女を好む。乙女でなくとも、気高き精神で勤勉な者、清廉な者には寄っていきやすい。



▼other

正体は幻獣のユニコーンが人型を取ったものであり、本来の姿は額の中央に長く鋭い円錐状の角を生やした純白の毛並みを持つ一角獣。
属性としては水・聖。水を操る魔術や治癒術を得意とし、薬学にも深い造詣を見せる。

日常生活においては器用なふりをしている不器用。自力でこなせる家事など微々たるものではあるが、あれこれと言い訳を連ねてプライドの高さから認めようとしない頑固者。
草花の扱いだけは人並み以上にこなせ、薬草の知識をもとにしたハーブティの淹れ方には自信を持つ。

対極を為す存在であるバイコーンを嫌悪しており、バイコーン相手となると普段から辛辣な口振りが一層棘を増す。



▼like

澄んだ水辺、花畑、ハーブティー


▼dislike

バイコーン、慎みのない女性



▼motif

菊/白梅/アイスラリマー




「何だいその顔は、……いや、いい。皆まで言うな。
 我ながら似合わない発言の自覚はあるが、伝えずには居られなくてね。
 今ばかりはその本を放って僕を、……僕だけを見ていろ。余所見をする暇なんて与えないさ」


[back]

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -