Tarot.

−Where the lasthope 、that God only knows.−

『最後の希望は何処にある? それは神のみぞ知る』


Character.




▼ character
※下記初期キャラ設定で、若干物語中で出てこない設定や少々食い違う点等が御座います。あらかじめご了承下さいませ。



0 愚者 THE FOOL


『すすすすいません!!で、でも、僕は…こんなの間違ってるって思うんです…!!こんな、人をゲームの駒にするみたいな事…、』


【氷乃ちあり】

愚者のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:外敵から自身の周辺を見えなくする/自由【選択肢を広げる、逃亡する、協力する等全ての行動を制限されない】
願い:【全員でこの街から出たい】

基本的に臆病であまり人と積極的に関わることを得意としない少年。
しかし、自分以外の人間が無闇に傷つい付いたりする事に大きな憤りを感じる根っからの「お人好し」周りからは、考えなしの「偽善者」呼ばわりされたりするが、誰にも思いつかなかった第三の道を考え出したりするのでその存在は侮れない。
戦闘力は恐らくこの中で最弱だと思われるが、危険回避率は一番優れている様に思われる。
魔術師の彼とは、(向こうから一方的に)知り合いのようだが…?







I 魔術師 THE MAGICIAN


『私は君に従います。私はいつだって君の事を考えて君の為に生きておりますから、…半分冗談ですよ?』

【ケイ】

魔術師のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:口に発した事が本当になる(但し人の生命や行動制限に関わる事、自身に関わることは無し)/手助け【協力を求められたらその者に、力を貸す】
願い:【愚者の彼を守る】

丁寧な物腰の少年。誰に対しても敬語で優しげな態度で接するが愚者の少年の害になるとすると問答無用で切り捨てようとする。貼り付けたような笑顔が逆に薄気味悪い。
最初に話しかけてきて、協力を要請されたのが愚者の少年だからだがそれ以上に彼に必要以上の好意を持って接している。それには、どうやら所持していた持ち物にあるようだが…?その行動理念と、過剰な愚者の彼への愛情に(当人も含めて)ドン引きされる傾向にある。








II 女教皇 THE HIGH PRIESTESS


『うふふ、いい加減お姉さんの言うこと大人しく聞いてくれないかしらん?他の坊や達はちっともきかん坊で困っちゃうわー。』

【ちそら】

女教皇のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:全員にテレパシーで意思疎通が出来る/伝令【脳内に響いた指令を皆に伝える】
願い:【不老不死】

気だるげで色気溢れるお姉さん。女性陣では恐らく年長者と思われるので、割としっかりとしているが誰とも組まずに気ままに街内を徘徊している。
見た目とは裏腹に一番役目を全うしている人物。
そして、好奇心が旺盛で街中にある書物や建物の具合から自身で色々な推測を立てたりして暇を持て余している。願いは、無難に不老不死かなーという軽いノリで決めた。
何を考えているか今ひとつ測りかねない人物でもある。







III 女帝 THE EMPRESS


『…なんで、この僕がそんなメンドくさい事しなくちゃイケナイの。その鬱陶しい面早く下げないと、首切り落とすよ、アイツが』


【遊夜】

女帝のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:破壊された建物や人間を修復出来る(但し、死人は生き返らせることは出来ない)/豊穣【ゲーム内での損害の修復】
願い:【このままこの街にいる】

一見したら可憐な美少女に見えるが、華奢で眉目秀麗な美少年。
毒舌で自身の為に動く人物を「駒」扱いしている。
自身の損得で動く、とても利己的な人間で他人の為に動く人間が吐き気がする程嫌い。
ゲーム開始時、皇帝の青年に「女帝は皇帝の側に居るべきだ」という理不尽な要求に「メンドくさいから」と乗り、それから特に拠点の住処から動かず怠惰な生活を送っている。
故に、別に自身に被害が及ばなければこのままでいいかと考え、願いをそのままにしてある。皇帝の青年からは、女だと思われているがそれも利用できればまあいいかと考えている。







IV 皇帝 THE EMPEROR


『ハッ、俺様にそんな口聞こうなんてお前何様?俺に命令してイイのは俺様だけなんだよ。』

【玲弓琳】

皇帝のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:全員に命令し、行動を抑制出来る/統率【街がある程度節度のある暮らしが守られるよう統率する】
願い:【自身の存在を確固としたモノにさせる】

誰に対しても高圧的な態度で接する高慢知己な青年。
自身に絶対的な自信を持つ、自己愛者でそれ故に自身の存在が確固としないこの曖昧な状態を嫌っている。なので、願いは自身の以前の記憶を取り戻すこと。他のモノには『皇帝(キング)』と呼ぶように強要するが中々呼ばれないという若干可哀想な人である。
ただ尊大というだけでなく、自身としても銃器や護身術としての武術は得手しており、
周りの者を統率するカリスマ性もあるようである。
女帝の少年を見ると、何やら胸が軋むらしい。(恋をしているようだ)
星の少女と力の青年を束ねている。







V 教皇 THE HIEROPHANT


『だーかーら、チミ達は考えが浅いのさ〜。もっと視野を広げてみようぜ?可能性は多ければ多い程イイ、だろぃ?』


【織倉俊哉】

教皇のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:街全体の図案や仕組みが脳内にある/促手【迷ったモノに、道を指し示す】
願い:【世界中に笑顔の花を咲かせたい】


明朗で兄貴肌のムードメーカーな青年。
常に眩しいばかりの笑顔を浮かべている。
困った人や悲しむ人を見るとほっとけないタイプの人間だが、愚者の少年と違い優先順位や無謀な賭けには出ない所は大人と言える。願いに関しては、無欲で何も無いが強いて言うならばということでこの願いである。
いつも険悪になる、正義の少女と愚者の少年の仲を取り持つイイお兄さん。
機転がきき、割と肉体派なので頼りにされている。








VI 恋人 THE LOVERS


『やあ、可愛い子猫ちゃん。こんな戦場でなくお洒落なバーで君を見かけていたなら必ず口説いていたのだけど。残念、サヨナラ』


【柳夜】

恋人のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:相手の目と自身の目を合わせる事で、洗脳する事が出来る(但し、一人につき1回しか使えない)/攪乱【ゲームがスムーズに進む事を妨害する】
願い:【自身の最愛のヒトに逢う】

甘いマスクで目に入った女性をことごとく口説く優男。
男は眼中に無いらしいが、顔が美麗ならば別らしい。
(愚者の少年等には毎回会う度にセクハラまがいのスキンシップをとっている。)
飄々としていて、一見軽薄なただの女好きに見えるが手段の為ならばその女性にも盾に使う程の残酷な面もあるが、基本的にフェミニストである故にあまり女性とは戦わない。
どうやら、記憶を失う前にうっすらと覚えていることは自身には最愛のヒトが居たと言うこと。そのヒトに再び逢うことが、願いである。
節制の少女に事あるごとに、世話を焼かれ彼としてはコブ付きは嫌なので離れたいのだがフェミニスト気質のせいでなかなかそれも出来ないでいる。






VII 戦車 THE CHAPILOT


『しゃーーー!!当ったりぃ!!この力ってマジアタシ向きじゃね?とりあえず、向かって来たヤツを片っ端からぶっ飛ばせばいいんでショ??』


【あ〜やん】

戦車のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:イメージした武器を制限なく具現化出来る/触発【皆の闘争心を刺激する火種】
願い:【ずっと戦場に身を置きたい】

根っからの戦闘狂らしい少女。
基本的に誰かと「戦う」ことに生きがいを感じており、自身も戦場でしか生きれないと言っている。なので、願いはそのままずっと戦場で闘うということ。
ゲーム感覚で、この場に身を置いている節がある。
負けそうになると、途端に暴走したりするので扱いにくい。
戦闘以外のことには、割と無頓着で服装や身なり等はとても女性らしさはない。
他人には、独特のセンスのニックネームを付ける。(愚者/ぐっちゃん、皇帝/キンちゃん等)力の青年とは、好敵手であり今一番倒したい人物である。





VIII 力 STRENGTH


『…目標発見、STRENGTH殺傷を開始するっす…くくくくく!!さあ、オレを愉しませてくれよなぁぁぁぁぁ!!』


【真野こころ】

力のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:自身の肉体を限界まで強化出来る/制圧【向かってくる敵を出迎える】
願い:【自分より強いモノと戦いたい】

あまり普段は感情を表に出さないが、戦闘になると途端にスイッチが切り替わる。
体育会系ではなさそうだが、普段は「ーっす」という話し方をする。
自身の力に絶対的な信頼を置いており、その力に相対する人物が現れるのを楽しみにしている。利害の一致から、皇帝の青年の元についているが特に好いている訳ではない。
今は戦車の少女との戦いが好きで、彼女を好敵手としている。
どちらかというと、格ゲーよりシューティングゲームの方が好きだがどっちにしろゲーム感覚で戦いをしている節がある。







IX 隠者 THE HERMIT


『こんな悲惨な運命、誰か…早く終わらせて…。彼を救ってあげて…!!』


【ひだね】
前任:七瀬 伊月

隠者のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:自分の知りたいことを知れる(但し、他人にそれを伝えられない)/既知【物事の流れを知っている】
願い:【皆が幸せになりますように】


全ての事柄を知っている少女。
素朴でなんの特徴もない普通の少女であるが、いつも悲しげな表情で控えめな態度で皆に接している。脳内に今回に関する終末、事柄がインプットされておりそれぞれの運命や結末を知っている。しかしそれが伝えられない故に、一人でそっと黙って胸の奥に仕舞うしか出来ない。
そんな自身に優しく接してくれる愚者の少年に淡い恋心を抱いている。
そんな彼を邪険に扱う正義の少女が苦手である。








X 運命の輪 WHEEL OF FORTUNE


『ボク達、一体どうなっちゃうんだろ…。怖い、怖いよぅぅぅ!!パパ!ママぁぁぁぁ!!』


【くろと】

運命の輪のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:手に持っているルーレットを一日1回回せ、その目に止まったアイテム(または、イベント)を会得出来る/導手【停滞した環境を動かす】
願い:【早くこの街から出て、パパとママに会う】


まだ幼い少年。突然このような事態に見舞われ戸惑いと不安を隠せずにいる。
記憶はないのだが、必ず自分には父と母がいると信じて疑わずそれを心の支えにいる。
正義の少女や愚者の少年を「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と慕い、連れ添っている。
自身の能力は実践的ではないが、その能力と類まれない幸運さに恵まれ毎回逃げ延びている。






XI 正義 JUSTICE


『あんた馬鹿なの?!愚か者は生きている価値なんてないわ。ココはまるで悪夢、不実が溢れている戦場、ならアタシはそれを正す正義になってやろうじゃないの!!』


【中智】

正義のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:一つだけ己の特化した武器を得られる/取締【不実を働くモノを捕縛する】
願い:【世の中の悪を断罪して欲しい】

勝気でお転婆な少女。
口と同時に手が出る程、あまり他人に対して遠慮したり自身の言い分を我慢したりする事
が無い。ウジウジ物事に遠慮がちな愚者の彼や、常に尊大な態度の皇帝の青年には苛々している。弱気者を邪険にする「悪」に過剰に反応する正義感の強さを持っている、以前からその気持ちは確固して自身の胸中にあったらしく、願いもそのまま世の中で悪政を働いている全てのモノに制裁を。
能力は、なんとなく自身の身にあった弓矢を使用している。
自分自身の意見は、絶対に曲げないので周りとの衝突も多々あったりする。








XII 吊された男 THE HANGED MAN


『はあ、何やねん此処暗いし、ジメジメしとるしてーか、ワイ一人だけちゃう、こんな辺鄙なとこにおるん。わー、逆にラッキーってあるかああああ!!不運すぎるわワシー!!』

【櫻井智夜】

吊るされた男のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:他者に憑依出来る(但し精神の疲労具合による)/見せしめ【檻の中に隔離されることにより、他の者との優劣を示す】
願い:【この檻から出る】

関西弁の突っ込み気質な青年。
ゲーム開始早々、檻に手足を鎖で繋がれて入れられた故に、最初の願いは「一攫千金」だったが急遽「この檻から出ること」に変更。
しかも、役割が微妙なこともありじしんの不運加減を呪っている。
現在、檻の中にいたネズミに憑依し街中を観察しているが大概戦闘に巻き込まれると厄介なために逃げ回ってばかりいる。
月の青年とは「不幸同盟」を密かに組んでいる。







XIII 死神 DEATH


『さあ、再生を始めようかの。お主は何も怖がらなくて良いのじゃ、今に生も死も超えた存在になるのじゃから。さあ永遠に廻る輪廻の輪に、別れを言え』


【85】

死神のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:時空を歪め、時間を操作出来る?/再生【???】
願い:【自身以外の人間の喪失】

能力の影響かいつも怪我だらけでいる少年。
しかし、何処か古めかしく年寄りくさい話し方をする。
何かを知っているかのような意味深な態度をとるが、実は何も確信を知らないという場合が多い。醜く死ぬ自身や周りの人間に醜悪な感情を抱いている。全て綺麗なまま息絶えれば良い、という歪んだ思考を持つ。
役割及び大よその能力は名称のみ分かっているが、どのような場面で使用するかは不明。
手元に持つ、日本刀を振り切り空間を遮断したりして時間を切り貼りしているようだが?







XIV 節制 TEMPERANCE



『不潔ですわ!!貴方女性なら誰でもそんなふしだらなことを申しているのですか!!全く、これからはあたくしがきちんと躾て差し上げますわ!』


【和純】

節制のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:敵からの攻撃を防御出来る/調和【勢力が一箇所に集まらないように分散する】
願い:【一生困らないお金】

見た目はゴスロリ服の幼女だが、その分中身がしっかりした少女。
いつも恋人の青年に着いて回り、彼が女性に言い寄る度に痛い頬っぺた抓りを繰り出す。
自身は身持ちが固く、心を許した人にしか身を許したらいけないと思っている。
しっかりしている分願いも一生分困らないお金としている。
他の大人よりも一番芯が強いかもしれない。
しかし、本当は心細く誰かに連れ添っていないと自身が不安で押しつぶされそうになる為に、恋人の彼に身を寄せている。







XV 悪魔 THE DEVIL

『……、………。』


【???】

悪魔のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:???
願い:???


邪心、束縛、堕落  悪循環からの目覚め等の意味合いを持つcard
だが現在持ち主、及び存在を確認出来ていない。
 







XVI 塔 THE TOWER


『……、はあ、何も残らないとは。こんなにも虚しいモノなんだな…。それでも、俺にはこんな事しか出来ない。安心しろ痛みは一瞬だ、直ぐに終わらせてやる』


【佐山裕亮】

塔のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:自身の視界に入った者を爆破する事が出来る/番人【ある境界に入った者を容赦なく攻撃する】
願い:【家族の元に帰り、ゆっくり休みたい】

無骨な軍人風格な青年。
無口で必要以上の事は話さない。とある区域にずっと居座り、寝ずの番をしているその領域に一歩でも踏み入ったモノは何者であろうとも物も言わぬ屍にする。
なので、今の唯一の望みは安心してゆっくり寝ること。
着ていた服のポケットに家族と思われる写真が入っており、それが心の支えになっている。







XVII 星 THE STAR


『きゃぴるんるーん♪皇帝さんの邪魔する不埒な輩は貴方様ですか!!そんなイケナイ子は星ちゃんが一撃食らわせちゃいますよぅ!!』


【るった】

星のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:自身のイメージする存在に変身出来る/希望【悪循環する抗争に光を灯す】
願い:【本物の魔法少女になりたい】

ハイテンションで天真爛漫な少女。
魔法少女に憧れている夢見がちな性格で、最初に通りがかりで偶然気まぐれで助けてもらった皇帝の青年に憧れそれ以来彼を守る騎士になると意気込んでいる。
基本的に思い込みが激しく、人の話を聞かない猪突猛進タイプで信じた物を疑わないタイプ故に騙されやすく、上手く丸め込まれたりすることが多い。







XVIII 月 THE MOON


『もう嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ、逃げたい逃げたい逃げたい…。なんで、僕はこんな場所にいるんだろう。怖い怖い怖い。もう、いっそこのまま殺してくれよ。』

【山原晴樹】

月のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:未来が見える(但し、自身は見えない)/予知・予言【数日後の未来を尋ねられた者に教える】
願い:【死にたい】

幸薄そうな気弱げな青年。
いつもため息をついており、事あるごとに「死にたい」と呟く。
手に持っている小さい水晶玉で、相手の未来を見ることが出来る。
しかし自身には適応されないために、イミのない能力だと思っている。
願いは、誰かに殺して貰うか自然に死にたいらしい。
現在の曖昧模糊な不安な状態が発狂しそうな程、嫌らしい。
吊るされた男の彼とは、「吊る氏」「月の字」と呼び合う程の、不運同盟を結成している。







XIX 太陽 THE SUN


『え〜と、確かこの角を曲がったら〜、広場に〜…あれれ?また迷っちゃったかな〜??テヘペロ★』


【杉原明】

太陽のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:体内を発光出来る/目印【街中を歩き回り、自身の存在を認識させる】
願い:【美味しいものを沢山食べたい】


マイペースでのんびり屋の少年。
常に物を口に含んでおり、食べることが好きらしい。
能力と役割をイマイチよく分かっておらず、「まあ、とりあえずお散歩しとけばいいんだね」という感覚で街中を歩き回っている。
発光は狼煙のように、上空に打ち上げることも可能。よく好かれとしてした行動が裏目に出て関わったモノがひどい目に遭うことが多い。
本人には悪気が無い故にタチが悪い。そして、よく道に迷う。







XX 審判 THE JUDGEMENT


『審判の時である。貴様は、規則を破った故に罰せられなくてはならない。言い訳は聞かん、貴様の運命は私が決める』


【蛟瑛魅】

審判のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:ある特定の条件の人間を強制退場出来る/審判【ruleを破ったモノを強制的に退場させる権限を持つ】
願い:【死んだ者を生き返らせる】

非常に倫理的で頭の硬そうな青年。
恐らくこの中で一番の年長者である。
現在の状況もある意味「役割だから」と割り切って行っている。
以前の記憶はないが、誰かを失ったという喪失感は覚えておりそのために「死人を蘇らせる」ということを願いにしている。
生真面目故に、物事をそのまま率直に捉えてしまいよく教皇の青年に咎められる。







XXI 世界 THE WORLD


『ええ、そう…。これは運命だから…だから、皆此処で死ぬのよ…、そうなの…。嗚呼、なんて残酷で美しい世界』



【猫柳シオン】

世界のcardを引き当てたモノ。
能力/役割:自身に害意のある攻撃は通過しない/傍観【ゲームの終結を見守る】???
願い:【???】

無表情でいつもふらりと現れていつの間にか消えている謎の多い人物。
現時点で一番「切り札」に近い存在だと思われている。
毎度、何処か虚空を見つめて誰かと話しているので意思疎通は取れない。
時折、愚者の少年を悲しい目で見つめている。
















×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -