【character】

-main character-


櫻子【Sakurako】
『絶対、私が“当主の嫁”になってやるんだから!!』
CV-紗倉妃芽
本作の主人公。素直で思ったら一直線の猪突猛進の天真爛漫な女の子。
皇家の当主を名乗り、本家に潜入するが本人は『先祖還り』ではなくただの人間。
母方の家が皇家と繋がりがあった為、先祖還りに目覚めるかと期待されていたが能力は開花せずに、『期待外れ』だと見なされ、なら皇家本家で子種を宿して来い!と言われ本家に来た。




落椿【Otitubaki】
『どうせ、お前もオレを置いて逝っちまう…。“人間”ってのは、脆いもんだろ?』
CV−織倉俊哉
貴重種の『鬼神』の先祖還り。紅い髪に金色の瞳の、美青年。
ぶっきらぼうな物言いに、乱暴な言動に冷たい奴だ、身勝手な奴だと思われがちだが情に厚く、仲間思いな一面もある。



舞菊【Maigiku】
『油断なりませんね。私は、あの方と同じようにたやすく懐柔させてあげませんよ』
CV−佐山裕亮
海王類最強の『海蛇』の先祖還りの末裔。
青い髪と翡翠色の瞳、丁寧な物腰や柔らかな微笑が特徴的な青年。
目は悪く無いのだが、眼鏡をかけている。
表向きは、友好的だがあまり他人を自身の内に入れないガードを張っている所がある。



崩牡丹【Kubotann】
『俺は、こんな箱庭に囚われて一生を過ごすよりもっと外の世界を見てみたい。』
CV−杉原明
絶滅危惧種の獣類系の『日本狐』の先祖還りの狼人間。
零梅の双子の兄。双子の先祖還りは珍しく、特例で兄弟という記憶は無くさずにいる。
金色の髪と蒼色の瞳の茶目っ気溢れる明朗な少年。
外の世界に興味があるようで、いつか大草原を駆け回ってみたいと夢見ている。
なので、外の世界から来た主人公に割と友好的。



零梅【koume】
『…兄さん以外の奴らなんて、信用出来ない。勿論、君もね。』
CV−真中ゆき
絶滅危惧種の獣類系の『日本狼』の先祖還りの末裔。
崩牡丹の双子の弟。双子の先祖還りは珍しく、特例で兄弟という記憶は無くさずにいる。
銀色の髪と焦げ茶色の瞳の物静かな少年。幼い頃より、どんな時でも兄と一緒だった為、
兄以外の人物はどうでもいいと考えている。





散桜【Sannou】
『あは〜、君のそういうとこ僕は嫌いだなぁ〜。…殺したくなる。』
CV−守矢光秀
本家に長年住まわっている、独特な雰囲気のミステリアスな青年。いつも、和服を着ている。落椿とは、幼馴染(因縁があるらしく、犬猿の仲)。白髪の長髪と、糸目(滅多に開けないが、右が漆黒、左が紅のオッドアイ)、独特の間延びした話し方と、貼り付けたような笑みが印象的。自身は、大変珍しい『スメナリ』の先祖還り。
何故か、よく主人公に接触を試みる。




-sub character-


華終【Kasyuu】
『一族の存続の為ならば、何でもする。それが、この皇家を任された私の務めである。』
CV−櫻井智夜
皇家本家現当主を任されている男性。
落椿の実の父であるが、それを隠したまま接している。
『先祖還り』の宗主である、『山神』の先祖還り。
自身の目的の為なら、手段を択ばず自身の実の息子すら利用する狡猾な性格。






×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -