或る罪の


臓腑に鈍く灯る
どうにも満たされないね
その牙で何ができたのか
逆さまに撫であう僕ら
溺れる手をとりあって
柔らかく脆い
刃と明星
正体不明の記念日
いま、知らない顔で笑う
奇しくも正気のままでした
for 有罪

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -