3つのR

[story]


 あの日まで少しずつ壊れていって

 それからぺちゃんこになって干からびた私


 秋の病院で出会った彼は簡単に笑うの


「そんなの全然ダイジョーブでしょ」って



 何よそんなルーズリーフみたいな耳しちゃってさ

 えらそうに

 私はそう思ったけど


 心に残って離れないの


 彼が言った「3つのR」


 私は実践できるかな




2014年1月5日〜2月15日 明紫


[comment]
コメントはこちらから

[ 小説ページへ ]




×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -