山神様にお願い

[story]

 
 大学4回生の私、鹿倉ひばり、アルバイトを探してます。

 ただし、1年も働けない。そのために中々雇ってくれる会社が見付からない。

 だけど駅前の、薄暗くて引っ込んだ場所にある小さな居酒屋「山神」

 ここでオッケーの返事を貰った!

 
 意気揚々と入り込んだ私を受け入れてくれたのはちょっとばかり変な店

 獣達に囲まれた私の素敵な8ヶ月が、今、始まる



「お願いしてみなよ、叶うかもよ」


「そんな軽い感じなんですか?」


「いいからいいから、ホラ」


 両手をパンとあわせて、頭を下げて、大きな声で――――――――


「山神様、お願いします!」




 2013年7月2日〜8月22日 明紫


[comment]
コメントはこちらから

[ 小説ページへ ]




×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -